熟女

PAKO♀の「行き遅れBBA孕ませた」3話~4話のあらすじと感想

「会社の行き遅れババア孕ませた」の3話~4話のあらすじと感想をご紹介します!

PAKOPAKO♂♀による「会社の行き遅れBBA孕ませた」まとめ記事はこちら>>

第3話 行き遅れ女上司はレ○プ同然にハメても大丈夫!

田中君の最後の心の声が秀悦なので要チェック(笑)♪


▲試し読みのボリュームもハンパない▲

3話のあらすじ


▲画像タップで即無料試し読み▲

 

彼女とセックスしたら行き遅れBBAと比べちゃって

ダメだった田中君。(イけなかったのだ…)

行き遅れBBAのセックスが良すぎたせいだ!

それどころか、

ついつい、

行き遅れBBAが簡単に生でやらせてくれたからって、

「生でやらせてよ!」

って言っちゃった!!!!!

 

そして、結果、

彼女に殴られた挙句、フラれる…。

 

くっそー!!!!!

これもみんな行き遅れBBAのせいだ!

完全なる逆恨みでババアの家に押しかける。

 

そして出てきたババアがまたしてもお色気むんむんのパジャマ姿で

出てくるもんだから、

レイプ同然に押し倒してしまう。

「エロ過ぎんだよ~このババア!!!!」

 

「だめ!だめよぉ!」

「こんな無理矢理なんて!」

 

続きは本編でお楽しみください!

3話の感想


▲試し読みは会員登録不要だよ▲

 

その恰好…(笑)

男が来てるのにその恰好で玄関出てきちゃう行き遅れBBA。

 

大丈夫か?

ほかほかって湯気立てて

美味しそうに出てきてんじゃねぇよ。

これはもう、「どうぞぉ~♪召し上がれ~」

って言ってるようなもの。

 

田中君の理不尽な逆恨みは置いといて、

この状態でレイプされるのはもうやむを得ないっしょ。

 

 

「だめ!やめて!」

「こんな無理やりなんてェ~」

って言いながら、実はうれしいんじゃないかな。このババア。

 

だって、会社でだって明らかに田中君を意識してるし、

そもそも処女をささげた男だし

初めて経験したセックス。

想像以上に気持ち良かったはず。

田中君とこれっきりだったとして、別の相手が見つかる訳でもなく、

セフレでもなんでもいいから

男をつなぎとめておきたいはず。

 

本心はどうであれ、レイプされて喜ぶ女は基本いないので

とりあえず、抵抗してみる…。

抵抗されると尚、エロい。

 

そして、この濃厚半熟マンコ。

そう、これだ!

このせいで彼女と喧嘩したんだから、このマンコを味わう権利がある!

という論理破綻した勝手な被害妄想でブっこみまくる田中君。

 

お急ぎなので脱がせもせず、

パンツの横から無理やり挿入するっていう見ごたえたっぷりのレイプシーン。

お楽しみレイプシーンは大盛り上がりですよ♡

 

我に返った田中君が、これはもう犯罪レベルだと気づき、

落ち込んでいると、

優しく

「こんな無理やりじゃなければいいのよ…」

とまさかのセフレ容認発言!

 

「ちょれーな。行き遅れBBA!」

その悪代官のような田中の顔にクスッと笑ってしまいました!

 

第4話 行き遅れ女上司と会社に内緒のセフレ関係

行き遅れBBAのくせに可愛いとこがあるんだよな~♪


▲試し読みのボリュームもハンパない▲

4話のあらすじ

▲画像タップで即無料試し読み▲

 

めでたく行き遅れBBAをセフレにしてから1カ月。

2人のルーティンはすっかり定まったいた。

 

時間をずらして退勤して、居酒屋で待ち合わせ。

からのラブホへ…♡

 

決まったルーティンながら何度やっても飽きることのない秋子の身体。

ハメ心地といい、クリトリスかよって位敏感な陥没乳首だったり。

 

そして、ふとした時に見せる

BBAのくせに可愛い顔…?!だったり。

 

これまで未開拓の処女だったせいかチンポに貪欲で

ホント、どんだけ気持ちいいかって…

続きは本編でお楽しみください!

4話のポイントと感想


▲試し読みは会員登録不要だよ▲

 

すっかりセフレになった行き遅れBBAの女上司、秋子。

居酒屋で待ち合わせして雑談している秋子の顔が超可愛くなってるんだけど…。

セックスシーンで恥ずかしそうに顔を隠す秋子もオトナのくせに可愛いんだけど…♡

年齢への先入観を忘れて見るべし見るべし!

 

居酒屋で待ち合わせの後はいつものラブホでまずはシャワー。

そして、ほかほか湯気を立てながら全裸を見せつける秋子。

このボディがエロいんだなぁ~。

やっぱある程度の肉感は大事。

ガリガリじゃなくて、この肉付き。

おっぱいもマンコもふぁ~(*´ω`)ってなる。

 

そして、クンニをすると

恥ずかしがるくせにどんどん溢れてくる愛液♡

 

これまで手付かずだったお宝マンコはクンニも苦にならない。

だってオレしか舐めてないまんこだし♪

 

34歳で処女って、最初は引く~って思ったけど、

よく考えてみたら、この女、他の男と比べたことがないし

そもそも全てがオレで初体験。

クンニだろうが、お掃除フェラだろうが、

自分のいいように開拓できる。

 

なんか、相当お得だ!

しかもマンコの相性がすこぶるいいっ!

これはもう手放せないセフレ‥。

 

この女、伸びしろ豊富でもっと開拓されていく・・・?

 

あらすじに書ききれなかった後半部分は読んでからのお楽しみ♪

>>今すぐ「会社の行き遅れBBA孕ませた」を読む

▼ほろ酔い秋子をタップ▼

 

>>5話~6話のあらすじと感想はこちらから